第3回 就活体験記(経験者は語る、ベンチャー・スタートアップ企業のリアル)

こんにちは、mimulogです。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は就活シリーズ第3回ということで、経験者は語る、ベンチャー企業・スタートアップ企業の就活のリアルについてお伝えしたいと思います。

私は就職活動を行なっていた際に、ITやWEB業界に絞り就職活動を行なっていました。

ITやWEB業界の他業界に比べて歴史が浅く、ベンチャー企業やスタートアップ企業といった、設立して間もない企業が数多く存在します。

そうした背景から、私はベンチャー企業やスタートアップ企業を中心に見ていました。

説明会や選考に参加した会社はなんと80社以上!!

80社以上の説明会や選考に参加したからこそ分かったこと・感じたこと、大企業と比べた際の選考の特徴についてお伝えしたいと思います。

この記事は将来、ベンチャー企業やスタートアップ企業に進みたい就活生や、就活を行う上でベンチャー企業やスタートアップ企業も視野に入れている人に必見の内容となっています。

是非最後までご覧ください。

今回はベンチャー・スタートアップ企業の選考で見られるポイント活躍できる人の特徴採用の特徴の3つのポイントに絞って解説していきます。

※あくまで個人的な見解を述べており、専門的な知識を持っている方よりも劣っていることを承知の上で読んでいただけると幸いです。

ベンチャー企業・スタートアップ企業の選考で最も見られるポイント

ベンチャー企業・スタートアップ企業の選考で最も見られるポイントとして結論から述べると、カルチャーマッチや会社の価値観にその学生が合致しているかが最も見られます。

ベンチャーやスタートアップはカルチャーや雰囲気で成り立っていると言っても過言ではありません。

極端な話、そこの会社がゴリゴリの体育会系の雰囲気であれば、大人しい人にとっては合わないかもしれません。

その逆のことだってあり得ます。

そうした雰囲気に馴染めるかどうかを選考で見られることが多かったです。

会社の人数や規模にもよりますが、従業員が100人にも満たないような会社は正直同じような特徴・考え方を持った人たちが集まって成り立っているようなものなので、そうしたカルチャーにマッチできるかが重要となってきます。

ベンチャー・スタートアップ企業で活躍できる人の特徴

続いて、ベンチャー・スタートアップ企業で活躍できる人の特徴を説明したいと思います。

今から述べる特徴を兼ね備えている人達が活躍している人材かと思われます。

ちなみに自分は下記のような性格・特徴を兼ね備えていなかったので尽く落とされるハメになってしまいましたww

ベンチャーやスタートアップでは、こんな感じの人が働いているんだなと参考程度に読んでいただけると幸いです。

※全ての会社が当てはまるわけではないのでご了承ください。

活躍している人たちの特徴

バリュー(どのようなことを大切にしているのか)

  • スピード感を持って成果が出せるか
  • 変化に対応できる能力を持っているか
  • チャレンジ精神を持っているか
  • 修羅場や逆境を楽しめるか
  • 仕事が好きで熱中できるか
  • マルチタスクをこなせるか

ベンチャー・スタートアップの特徴として、新規事業が次から次へリリースされて短期間で成果を出さなければいけません。

またリリースした事業に対して結果が見込めないと感じたら、サービスをすぐに停止することが当たり前にあります。

新規事業をリリースした際に前代未聞のことに取り組むことが多いため、自走しながらPDCAを回していかなければなりません。

その分やるべきタスクも増えるので、タフさを兼ね備えていないと仕事が務まらないでしょう。

そうした環境の中で働いていくので、仕事に全うできて仕事中心の生活を歩めるかが問われます。

マインド(意識していること)

  • 成長意欲が高い人
  • 個人の成長=会社の成長
  • 野心を持っているか
  • タフさを持っているか

マインド面に関しても強い精神力を持ち、仕事を通して成し遂げたい野心を持っていないと続けることは厳しいと感じます。

やりたいことが明確で、その道を極めたい人は合致しているのかと思います。

また自分の行った仕事が直接的に会社の数字に大きく左右される点もベンチャー・スタートアップの特徴の一つです。

カルチャー(文化面)

  • 自由な社風(私服、ユニークな福利厚生)
  • 自由・多様性
  • 社員の人達若い
  • 社会人経験の浅い人たちがいるが故に、社会人ルールやマナーがなってない会社もある、そうした経験が積めない可能性もある
  • 新卒でベンチャー・スタートアップに就職し、数年後転職した際にはマナー面や規律面で苦労するかもしれない
  • 教育環境整っていない中で自走できるか
  • 若いうちから色々な仕事が任される
  • 組織によって雰囲気が全然違う

カルチャー面に関しては、大手企業や中小企業に比べてユニークな社風や福利厚生が整っているように感じます。

例えばドリンクや軽食が無料で食べれたり、フレックスタイムが使えたり、社員全員にMacBookが支給されたり、誕生日にはボーナスが支給されるなど会社によって様々です。

そうしたユニークな福利厚生が整っているのもベンチャー企業の特徴なのではないかと思われます。

また社員の平均年齢が若いので自分の同じような年頃の人達と働くかもしれません。

会社によっては経験豊富な社員がいなくて、教育制度も大企業や中小企業に比べ整っていないこともあるので、自分たちで考え自走しなければいけないこともあります。

若いうちから様々なことが経験できて能力を身に付けられる一方で、そうした懸念点も挙げられます。

その他の特徴

  • 倒産するリスクを背負っていける覚悟
  • そこの会社に尊敬できる人がいるかどうか・ついていきたい人がいるかどうか
  • 経営者の考えに合致しているか

その他の特徴として、上記3つも挙げられます。

規模の小さい会社で働くのであれば、経営者の方と身近に仕事することが多いので、経営者の考えに合致できるかも重要です。

またそこの会社に尊敬できる人・ついていきたい人がいると仕事のモチベーションに繋がっていくのではないかと思います。

いかがでしたか、あくまで一例ですが、上記の項目に少しでも当てはまる人はベンチャーやスタートアップに合っているのではないかと思われます。

また自分と全然違うなと感じた方は、大企業や中小企業を見てみてもいいと思います。

ですがベンチャー・スタートアップに少しでも興味があるのであれば、折角なので受けてみるべきです。

特徴に関しては、一長一短ありますので自己分析を通して、自分はどうなりたいのか・どういった生活を送りたいのかを言語化するようにしましょう。

採用の特徴

続いて、ベンチャー・スタートアップ企業に就職する上での採用の特徴について見ていきます。

採用の特徴に関しては下記の通りです。

採用の特徴について

  • 採用が早い
  • ライバルは転職者
  • 新卒の採用人数少ない
  • 即戦力になる人を採用
  • 優秀な人材を採用
  • ユニークな方法で採用を行なっている会社もある

特徴について詳しく述べていくと、ベンチャーやスタートアップ企業は一般的な企業に比べて選考が早いです。

企業の規模にもよりますが、1年中募集している会社も沢山あります。

場合によっては、大学3年生の秋や冬で就職活動を終わらせることも可能です。

本命企業を受ける前に、ベンチャーやスタートアップの企業を受けて面接に慣れておくのもおすすめです。

また大手企業に比べた際に新卒の採用人数が少ないというのも特徴の1つです。

大手企業は50人から100人規模採用するのに対して、ベンチャーやスタートアップは、1人や2人しか採用しません。

(社員数が少ない会社だとあり得ます)(社員数が多い会社でも10人~20人ぐらいです)

なので、その人の性格や特徴、会社の求めているスキルがどれだけ合致しているかが採用の鍵なのです。

そうした厳しい基準に合致した人しか採用しない為、会社側は選考を随時開催し沢山の学生に接触して、優秀な人材を探しているのです。

会社側の立場に考えた際に、新卒の社員に対して直ぐに辞めて欲しくないですし、教育にも沢山のコストがかかり、会社の将来を担う存在になって欲しいと考えているので採用は厳しいと感じます。

更に即戦力になりそうな人材を欲しがるのも特徴に挙げられると考えられます。

大手企業になってくると入社したら研修がみっちりあり、半年ぐらいしてようやく一人前のようなイメージですが、ベンチャーやスタートアップはいきなり実務を任されることが多いので、即戦力になる人材を欲しがります。

なので新卒採用に力を入れるのではなく、中途採用にも力を入れています。

これらを踏まえて、再度ベンチャー・スタートアップ企業の採用の特徴について一言で表すと、学生の性格や特徴、会社の求めているスキル、カルチャーがどれだけ合致しているかが最も重要なのです。

合致しているかどうかの判断は面接で行い、そこで自分自身がそこの会社に合っているかどうかを判断すればいいのです。

まとめ

この記事を読んで少しでもベンチャー・スタートアップの就職のリアルが理解していただけると幸いです。

自分自身が就職活動で80社以上の説明会や選考を受けて感じたことをお伝えしたので、実際と違う部分も多少あるかもしれませんがその点はご了承いただけると幸いです。

就活シリーズ第4回目は、自分自身が就職活動を通して感じたことや就活を行う前の印象や行った後の感想について、述べていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です