現役学生講師が語る、塾講師のアルバイトをおすすめする理由

こんにちは、mimulogです。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は現役塾講師が語る、塾講師のアルバイトをおすすめする理由について解説したいと思います。

私は高校3年生の2月から大学4年生の今(2020年)に至るまでの約4年間、塾講師のアルバイトを行っています。

4年間、学生講師を経験したからこそ、なぜ塾講師をおすすめするのかお伝えしたいと思います。

この記事では塾講師のアルバイトをやろうか迷っている学生さん、フリーター、パートさんにおすすめの記事になっています。

また塾バイトって実際どのような仕事をするのか知りたい方にもおすすめです。

塾講師ってどんな仕事をするのか

塾講師をおすすめする理由を紹介する前に、塾講師の仕事内容についてご紹介したいと思います。

塾講師の仕事は簡単にまとめると3つに分けることができます。

  • 生徒の成績向上・志望校合格に向けての授業を行う
  • 生徒の質問対応
  • 事務作業

塾講師なので言わずもがな、生徒に対して授業を行うことが1番の仕事です。

私は個別指導塾でアルバイトをしているので、生徒一人一人に合わせた授業を行なっています。

一コマを使って講義中心の授業を行うこともあれば、演習中心の授業があったりと様々です。

授業はあくまで、成績向上・志望校合格という結果を出すための手段なので、講師が一方的に授業を行うのではなく、生徒とコミュニケーションを図りながら授業を行うことを心がけています。

また生徒が自力で問題を解けるようにするために、演習を解く時間も必ず入れるようにしています。

授業をすることは一見難しいように感じますが、自分の言葉で生徒と向き合いながら進めていけば問題ありません。

最初は難しいように感じますが、何回も繰り返し行っていけば、誰でもできるようになります!

数回の模擬授業を行なって、ようやく本番の授業を行うので安心してください。

塾講師の出勤から退勤までのスケジュールとしては、

  1. 授業開始の15分~20分前に出勤(この時間に授業準備を行います)(もちろん準備給は発生します)
  2. 授業スタート!(個別指導なので生徒が問題を解いている間に授業報告書を書いたりします)
  3. 授業終了後、机の上の後片付けをしたり、次回の冒頭の授業で行う確認テストの作成をします。
  4. 勤務終了

といった流れで業務を行なっていきます!

塾講師をおすすめする理由

私は以下の4つの観点から塾講師をおすすめします。

  • 論理的思考能力を身につけることができる
  • コミュニケーション能力を身につけることができる
  • 時給が他のアルバイトに比べて高い
  • 生徒の成績や志望校に合格した時は嬉しい

授業を行う上でどういう風に伝えれば、生徒は理解してもらえるかなと考えながら授業を行うので、論理的思考は間違いなく身につきます。

一通り教えたのに生徒が理解できなかった際は、別の教え方で教えていかなければならないので講師は頭を回転させながら授業を行わないといけないのです。

分かりやすく伝えようと努力して、生徒ができるようになった時はとても嬉しいです。

また塾講師は生徒とコミュニケーションを図りながら、授業を行なっていくのでコミュニケーション能力も身につきます。

私自身、塾講師を始める前は人見知りがひどく、初対面の人と話す際は緊張して全然話せませんでしたが、塾講師の経験を通して自分から積極的に人に話しかけることができました。

自分から話しかけられるようになって、色々な人とコミュニケーションを取る機会が増えたので価値観の幅が広がりました。

論理的思考能力やコミュニケーション能力の二つを身につけたり高めたい方はおすすめです。

アルバイトをしながら、そうしたスキルが身につけるなんてめっちゃ良くないですか笑?

塾講師は他のアルバイトと違って時給が高いです。

特に夏期講習や冬季講習などの講習期間に集中的にシフトを入れた際は、がっぽり稼げます笑。

塾講師のアルバイトをする醍醐味としてはやはり、自分の担当した生徒さんの成績が上がったり、志望校に合格したときは一生懸命指導して良かったなと思います。

自分の行なった仕事が成績向上・志望校合格という結果に現れるので、そうした結果が出た際はとても嬉しいです。

このように頭を使うことが好きで、アルバイトを通して目に見える結果を出したい方にはおすすめの職種となっています。

塾講師になるための筆記試験って何をやればいいの?

塾講師は他のアルバイトと違って、入社前に筆記テストがあります。

筆記テストと聞くと、難しそうなイメージを持つかも知れませんが身構える必要はありません。

塾によって様々だと思いますが、文系の方の場合だと中学3年間の数学・高校卒業レベル(センター試験レベル)の英語ができれば問題ないと思います。

理系の方の場合だと中学3年間の英語・高校卒業レベル(センター試験レベル)の数学ができれば問題ないと思います。

長らく数学や英語に触れられていない方は薄い問題集を買って復習することをおすすめします。

1週間や10日間で総復習できる問題集を購入するのがおすすめです。

そうした問題集が一通りできれば筆記試験に問題はありません。

塾講師の面接では何を聞かれるのか

塾講師の面接では主に下記のような内容のことが聞かれます。

  • なんで塾講師のバイトを始めようと思ったのか
  • なんの科目ができるのか(どのくらいのレベルまで教えることができるのか)
  • なんの科目が得意で、教えたいか
  • 中学受験は経験しているか?
  • 大学では何を勉強しているか

塾講師の面接で聞かれる内容としては、事務的なことを聞かれることが多いです。

業務を行なって行く上で、なんの科目をできて・どのくらいのレベルまで教えることが可能なのか・教えたいのかを中心に質問されます。

この点に関しては入社した後にお互いの差異が生まれないようにするために、自分が思っていることを正直に話すようにしましょう。

また志望理由についても聞かれます。

志望理由も簡単に答えられれば問題ないです。

たとえ落ちたとしても、塾は沢山あるので気にしないで他の塾にエントリーするようにしましょう。

まとめ

この記事では塾講師をおすすめする理由についてご紹介しました。

これから塾講師を始めようか悩んでいる方や塾講師のアルバイトが気になっている方にとってお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です