塾のアルバイトって実際は大変なの?(現役学生講師が語る真実)

こんにちは、mimulogです。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、塾講師のアルバイトが大変なのかについてお伝えしていきます。

この記事では、これから塾講師のアルバイトを始めようか考えている学生さんに対して、塾講師のアルバイトは大変なのかについて解説していきます。

私は大学4年間塾講師のアルバイトを続けているので、4年間の経験を生かして皆様にお伝えしていきたいと思います。

私自身、個別指導塾で学生講師としてアルバイトをしているので個別指導塾での経験を元にお伝えしていきます。

塾講師は大変なのか

塾講師のアルバイトは大変なのかの質問に対して、答えは自分の担当する生徒によって大変かどうか変化します。

答えになっていないかもしれませんが、塾には様々な生徒さんが通塾します。

学校の補習目的、成績向上目的・志望校に合格する目的といった様々な目的で通塾している為、そうした目的によって講師に任される負担は変わってきます。

授業をちゃんと聞いてくれる生徒さんを担当する場合は、ストレスなく授業を行うことができますが、やる気のない生徒を担当する際はとても大変です。

私が塾講師のアルバイトをして大変だと感じたことはご覧の通りです。

  • 生徒が授業に集中してくれない
  • 授業の準備を念入りに行ったのに、直前になって授業を欠席される場合もある
  • 精一杯指導したのに、結果として現れない
  • 授業時間外で予習する必要がある
  • 連続して授業のコマが入った際は休憩時間がない

個別指導塾とはいえ、授業に集中してくれない生徒もいます。

具体的には片方を授業している間に、もう片方は寝ていたり、他のことをしたり、言うことを聞いてくれない生徒を担当した際は大変です。

そうした生徒には一から指導していかなければなりません。

また反抗期を迎える中学生の授業を担当する際は、講師に反抗してくる生徒もいたので大変でした。。。

授業開始の30分前から教室に入って、授業の予習を念入りに行ったのにも関わらず、直前になって欠席された時はとてもショックです。

これは大変なことというよりもショックなことですね笑。

受験が近くなってくると入試問題の解説を授業で扱うことが多くなり、家で事前に問題を解いて準備しておく必要があるので、過去問の解説を任された際は大変かもしれません。

他のバイトと違って塾講師のバイトは休憩時間も取れないと思います。

夏期講習や冬季講習などの講習期間の際は3.4コマ連続して授業に入ることがあり、休み時間も次の授業の準備に当てないといけないので休憩時間が取れなくて大変と思うこともあります。

塾講師のバイトは大変だけど得られるメリットも大きい

塾講師のバイトは大変かもしれませんが、得られるメリットやスキルも大きいアルバイトだと考えています。

自分が考える、塾講師のバイトを通して得られるメリットやスキルに関してはご覧の通りです。

  • 自分が教えることによって生徒が理解しできるようになった時は嬉しい
  • 自分が教えた生徒の成績が上がった時や志望校に合格した時は嬉しい
  • 論理的思考力やコミュニケーション能力を身につけることができる

自分が生徒に分かりやすく伝えよう・理解してもらおうと努力して教え、それによって生徒が理解できて勉強ができるようになった時はとても嬉しいです。

頑張って教えた甲斐があったと常々感じます。

それに付随して、自分の担当した生徒さんが成績向上や志望校に合格した際もとても嬉しいです。

生徒に対して成果が出せるよう進学指導・学習支援ができることも、塾講師の醍醐味だと考えています。

論理的思考力やコミュニケーション能力のスキルを身につけられるのも塾講師ならではだと思います。

まとめ

今回は塾講師のアルバイトが大変かどうかについて紹介しました。

塾講師のアルバイトは大変な時もあるかもしれませんが、一生懸命生徒に向き合った先には必ずスキルが身についたり、メリットが返ってくるアルバイトだと考えています。

これから塾講師のアルバイトを始めようと考えている学生の方に少しでも参考になってもらえると幸いです。

このようにmimulogでは他にも塾講師に関する疑問について解説しているので、他の記事も参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です